合コンの醍醐味は、参加するまでのドキドキ感とお互いが顔を合わすと時の「今日は当たり!」という喜びにあります。

もちろん「今日は外れた・・・」という悲しさもありますが、それこそが合コンの醍醐味といえるでしょう。

ilm2009_02_052-s.jpgハズレたからといって、その日は早々に切り上げるような事はしません。

だって、その外れの人から当たりの人へと繋がる可能性があるからです。

合コンをうまくつなげていくコツは、人脈にあります。

自分の友達だけではいずれ限界が来るので、合コンで一緒になった人の人脈もしっかりと利用するようにしましょう。

そうすることで、かなり多くの人と出会えるようになります。

もちろん合コンを次々と開催することが目的ではないので、素敵な人に出会えたらアプローチをして交際できるようにしていかなければなりません。

合コンでカップリングするにもいろいろなコツがありますから、それを追って紹介していきたいと思います。

合コンで良い出会いを見つけるためには、お付き合いする対象外の所でも連絡を取れるようにしておくことが大切です。

合コンでの可能性が無くなってしまったら、いよいよ本格的に結婚相談所に入会しなければなりません。

ちなみに結婚相談所の料金相場って知っていますか?

一年間婚活したら30万円以上するそうです。

いや~ハワイ旅行行って、贅沢に買い物してもお釣りがきそうな金額です。

それでも希望する相手に出会えるなら安いものなんでしょうかね?

イケメン軍団にはご用心!

友達に合コンに誘われました。
と言っても人数合わせですが、友達曰く全員某有名企業の社員でイケメンとの事!
正直久しぶりの合コンだったので浮かれ気味でした。


ilm18_aa04029-s.jpg当日は勿論気合いれて化粧をしました。
場所についたら、確かに全員芸能人顔負けのイケメン!
なんでこんなイケメンが合コンに?とちょっとびっくりしました。
話しも面白いし、女性の扱いもうまい。
その日は大盛り上がりで何人かメアド交換して2次会で解散しました。
メアド交換したA君とは、その後もよく連絡する中になりました。

で結局、付き合うようになりました。
こんなイケメンと付き合うなんて初めてだったので私はかなり浮かれてました。
1週間に2回は会っていたんですが、仕事が忙しいと段々と会う機会が減り1ヵ月1回位に・・・。
なんか怪しいと思っていたら、幹事だった友達から衝撃的な告白が。

実はあの合コンのメンバーは全員彼女持ち、中には結婚してる人いるとの事
友達は平謝り、私と同じように付き合いに発展した子が怪しいと思い色々調べて発覚したそうです。
その後はもう修羅場でした、合コンメンバーは全員は合コン大好き連中で合コンをやるたびに何人か女の子を引っ掛けていたらしいです。

でも彼曰く持ち帰りとかはよくしたが、真剣に付き合いまでいったのはお前だけ!今の彼女とは別れる!と言ったので彼女に報告して私はすっぱり別れました。
風の噂では本命彼女とは別れて今も合コンに精を出してるらしいです。
やっぱり合コンよりもちゃんとした婚活パーティーとかのほうが、こんなことにならなくて安心ですよね。
次からそうしたいと心に誓った苦い思い出でした。

番号交換したのに返事なし(泣く)

私は、合コンではとにかく最後に番号交換をします。
たとえ盛り上がらなくても、たとえ相手が可愛くなくても。最後に「じゃあ、せっかくだから皆で番号交換しようぜ~!」みたいな感じに。
そのおかげで、異性の番号は携帯に100件以上入ってます。しかし・・・今現在は誰ともメールしてません(笑)。


ilm18_ac02019-s.jpgあの時は、快く番号を教えてくれるんですが、その後メールを送ると返事がない場合が30%。
一回返事があってその後送っても返事が来ない場合が40%、残り30%の人は一回遊びに行くと終わりです。

番号変えたのにひどくないですか?(笑)
あの時は、またメールするよーって言っといて。
メールが正常に送れてないんじゃないかって疑問に思うこともありました。
女の人はそういうとこがずるいです(泣)
まあ、全員と番号交換して全員とメールするのはたしかにだるいですけどね。
よく考えたら俺も、メールしない時あったっけ(笑)。

でも、一度番号交換すれば、その後はその子が枝となって次の合コンにつなげて、またその合コンで次の子につなげてと、じゃんじゃん枝分かれして異性との交流は深まります。
自分は彼女作る気はほとんどなく、ただその場が楽しいって感じなんで、めげずにこれからも合コンやり続けます。

コンパで結婚発表するおじさん

友人に連れられて行ったコンパの話です。
当時友人は某大手携帯会社で社員をしていました。

その際に同僚に紹介してもらった取引先の大手企業の20代後半の男性とコンパの予定を取り付けました。

友人はその男性を気に入ってた様子だったのでコンパでも協力してあげようと思いながら2対2でコンパを開くことになりました。

場所は都心のおしゃれな居酒屋。

半個室になっていて雰囲気もいいなあ~と話していたら、ようやく友人のお目当ての男性が来ました。

挨拶をしてもうひとりがきたのですが・・・
どうみても50代のおじさん。
ilm14_aa01025-s.jpgえ?
と思いながらもその場をいきなり立ち去ることも人を見かけで判断してはいけない・・・と思い、とりあえずスタートしました。

友人のお目当ての男性はもちろんさわやかで20代後半らしく見た目も話し方も良かったのですが、まずは50代のおじさんの話。

見た目はやわらかい感じなので確かに社内に上司として居たらとてもいい雰囲気の年配の男性なのですが・・・。
ここはコンパ・・・なぜ来たのか?という話になると「実はようやくこの年で結婚できることになって、今までコンパとか参加したこと無かったから連れてきてもらったんだよ」とのこと。

どうやらコンパ=女の子との飲み会と思っているらしく、結婚するからそれまでに一度くらいと思ってきたとのことでした。
コンパで結婚発表・・・本当に心から一度参加したかっただけなんだなあということが伝わってきました。

その後は結婚おめでとうと乾杯して、友人とその男性に協力してとただの飲み会となったコンパでした。

何十年も前の合コンのお話

もうウン十年前のお話です。
私たちが学生の時には既に「合コン」という言葉がありました。
私も人並みに、ワクワクドキドキ合コンに参加したのを覚えています。

初めて参加したのは学校のゼミ仲間との合コンでした。
お相手の大学は、私たちよりずっと格上の学校。
前評判を聞いた私たちは、期待に胸を膨らませて合コンに臨んだのでした。
合コンの当日、フタを開けてみると、ちょっと残念な結果が待っていました。

さわやかそうな男性方もいたのですが、中に一人だけ特に風変わりなギター男子が。
その彼は、「今日はギターを持ってきた」と言って得意そうにフォークギターを取り出し、
いきなり自信満々で自作の歌を弾き語り始めました。
場の空気は全く気にせず、悦に入った歌声に目が点です。
私の記憶では、延々とその弾き語りが披露されていたと思います。
お世辞にも上手とは言えない歌が続く中、相手校の男性陣も引いています。
決して人が悪いわけではない、むしろ良い人なのだとは思うのですが、あまりにもマイペースの彼に振り回されっぱなしです。

何となくシラけたムード漂う中、他の感じの良い男性陣と仲良くなることも無く、初めての合コンは終了となりました。
帰り道、みんながっかりして足取りの重かったこと。
今となっては、ちょっと笑える、若かりし頃の可愛い思い出です。